美肌ケアは体の外からと内からの両方から !!

美肌ケアは「外から」と「内から」で1セット

肌のお手入れ方法はいくつもありますが、

 

効果的なケアをするためには
まず肌の構造を知っておく必要があります。

 

構造を知る事でどんなケアが効果的であるかを
理解する事が出来るからです。

 

肌は3層から成っています。
肌表面から順に「表皮」「真皮」「皮下組織」です。

 

「角質層」という言葉を知っている人は多いと思いますが、
この「角質層」は「表皮」の一部で、
最も外側の私達が見たり触れたりしている部分に当たります。

 

私達は毎日、洗顔や保湿等の
スキンケアを行っています。

 

主な目的は肌の汚れを落とし、
必要な成分を肌に届ける事にあります。

 

最近はブースター化粧品も登場し、
効率良く肌の奥に栄養を運べるようになってきました。

 

ところで肌の奥部とはどこを指しているのでしょうか。

 

「真皮」、それとも「皮下組織」でしょうか。

 

一般的に「肌の奥」という言葉を使っていますが、
正確には「表皮」、角質層の奥の事を指しています。

 

人の肌は外部の細菌を
内部に侵入させないためのバリア機能があるため、
エステ等で使用するような電気機器がなければ
真皮層まで届ける事は出来ないのです。

 

しかし肌は3層から成っています。

 

理想的な肌にするには
「表皮」だけでなく「真皮」「皮下組織」にも栄養は必要です。

 

またこれらの状態が良くなければ
理想的な肌を作り出す事は出来ません。

 

肌の外側からアプローチする化粧品だけでは
万全なケアが出来ているとは言えないのです。

 

そこで必要になるのが体の内側からのアプローチです。

 

食事やサプリメント等で
肌に栄養を送らなければなりません。

 

またそれらの栄養素がしっかり届くように
血流を良くする事も大切です。

 

入浴で全身の血流を上げたり、
マッサージしたりするのが効果的です。

 

このように美肌ケアは内・外両方のアプローチが揃って
本当の効果を発揮します。

 

美肌を目指すならば両方からのアプローチを
欠かさないようにしたいものです。